高い評価を得る個性的で高品質の帯

 

 

手織手つむぎ真綿本焼箔
細密に裁断した、和紙箔を1枚づつ織り込んでいきます。螺鈿、金彩、切金など、箔の彩色にこだわり、1本づつ
丁寧に制作した作品です。現在では、引箔を織る職人も激減し、貴重な技法になっています。

 

手織佐賀錦
金、銀、漆を貼った特製の和紙を細く裁断したものを経糸とし、絹の撚糸を染色したものを緯糸として丹念に織り上げられた織物です。

 

百年以上も昔の織機を用いて、ひと越ひと越を丁寧にゆっくりと織り上げていきます。

 



手織り職人 角 明
手織りの最高技能技術保持者 経済産業省認定
京都府伝統産業優秀技術者
京の名工 伝統工芸士

 



手織り職人 井尾 美也子
引箔織と佐賀錦の両方の手織り技術を保持。また多才な活躍をし、意匠デザインなども行う。